オリーブオイル市場

松村成師オリジナルレシピ

facebook

Blog

ONLINESTORE

オリーブオイル市場

松村成師オリジナルレシピ

facebook

Blog

ONLINESTORE

オリジナルレシピ

生ズッキーニのサラダ

DSC03737

<材料>1人前

生ズッキーニ
適量
少々
オリーブオイル
適量
パルミジャーノチーズ
適量
(10年位)熟成バルサミコ
適量
  1. 新鮮な生ズッキーニを一口大にカットして、ボウルに入れる。
  2. 塩、オリーブオイルを加えて、軽く和えて、下味をつける。
  3. お皿に盛りつけて、上からパルミジャーノチーズとバルサミコをかけて完成。

DSC09891

オイルは、フラントイオ エルメス社の「ニンファ」がオススメ。
ニンファの程良いピリッとした辛みが、ズッキーニの淡白な味わいに旨味を加えます。

ONLINE STORE

アボカドとグレープフルーツのサラダ

アボカドとグレープフルーツのサラダ、レシピ用

<材料>2人前

アボカド
1個
グレープフルーツ
1/2個
酢漬けケイパー
大さじ1/2
イタリアンパセリ
少々
オリーブオイル
約大さじ1
少々
  1. アボカドとグレープフルーツは、皮をむき、一口大にカットし、ボウルに入れる。
  2. ①のボウルに、酢漬けケイパー(つけ汁ごと)、刻んだイタリアンパセリ、オリーブオイル、塩少々を加えて、よく和えて完成。

dsc09276

オイルは、フラントイオ エルメス社「プエル」がオススメ。
柑橘類とプエルの相性は、最高。アボカドの軽いコクと相まって、いくらでも食べられます。

ONLINE STORE

パプリカのアンチョビマリネ

dsc02541

<材料>2人前

パプリカ
2個
アンチョビフィレ
2〜3枚
オリーブオイル
大さじ2
  1. パプリカを180℃位のオーブンで15〜20分くらい焼く。 (※オーブンがない場合は、少しの水を入れた鍋にパプリカを入れ、フタをして弱火で20分くらい蒸してもOK)
  2. 柔らかくなって皮がシワシワになったら、オーブンから取り出し粗熱を取る。
  3. 皮と種を取り除き、食べやすい大きさにカット。 このとき出てくるパプリカの水分は甘くて美味しいので、ボウルに取っておく。
  4. そのボウルにカットしたパプリカ、適当な大きさにちぎったアンチョビ、オリーブオイルを加え、よく混ぜて完成。

kv_01

オイルは、クトゥレーラ社「初搾りリゼルヴァ2016」がオススメ。
パプリカの甘みとアンチョビの旨味を、搾り立てオイルがより一層引き立ててくれます。

ONLINE STORE

オレンジのサラダ

dsc02184

<材料>2人前

オレンジ
2個
イタリアンバセリ
みじん切りひとつまみ
鷹の爪
刻んだもの少々
オリーブオイル
大さじ1位
  1. オレンジの外皮をむき、一口大にカットし、ボウルに入れる。
  2. その他の材料もすべて加えて、さっと和えて完成。

kv_01

オイルは、クトゥレーラ社「初搾りリゼルヴァ2016」がオススメ。
シチリアの定番サラダ。甘酸っぱいオレンジと初搾りオイルのスパイシーさが、食欲を進ませます。肉料理の付け合わせに。

ONLINE STORE

83162683

オイルは、マドンナ・デッロリーヴォ社「イトランズ」がオススメ。
柑橘の甘酸っぱさに、イトランズの爽やかな香りを合わせる事で、普通のオレンジが高級なサラダに。

ONLINE STORE

チコリのグリル

DSC02503

<材料>1人前

チコリ
1本
オリーブオイル
適量
適量
  1. チコリをタテ半分にカット。
  2. 表面にオリーブオイルと塩を振りかける。
  3. グリルパンを熱して、表も裏もじっくりと焼く。 (※グリルパンがない場合は、コンロ下の魚焼きグリルでもOK)
  4. お皿に盛り、オリーブオイルをかけて、完成。

修正済DULCIS

オイルは、ファットリア・ラメリーノ社「グアダニョーロ ドゥルチス」。
ドゥルチスのスパイシーさが、焼いたチコリの香ばしさと水々しさを引き立てて、まるでステーキを食べているような一皿に。

ONLINE STORE

83166295

オイルは、マドンナ・デッロリーヴォ社「ラーロ」がオススメ。
グリルしたチコリの香ばしさとほろ苦さに、ラーロの香りとピリッと感を加えることで、旨味をさらに強く感じられます。

ONLINE STORE

豆と野菜のサラダ

DSC03442

<材料>3人前

豆(ヒヨコ豆や白インゲン豆など)
100g
ニンニク
一片
ミニトマト
4〜5個
ラディッシュ
3〜4個
キュウリ
1/2本
赤玉ねぎ
1/8個
オリーブオイル
大さじ3
白ワインビネガー
大さじ1
塩・黒コショウ
適量
  1. 一晩水で戻した豆に、ニンニクと塩を加えて茹でて、粗熱を取っておく。(豆の水煮缶などを使ってもOK)
  2. 野菜をカットする。ミニトマトとラディッシュは、半分にカット。キュウリは、小さめに乱切り。
  3. 赤玉ねぎは、スライス。辛み抜きのために、10分位水につけておき、その後水切りしておく。
  4. ドレッシングを作る。 ボウルに、オリーブオイルと白ワインビネガー、塩、黒コショウを入れて良く混ぜる。
  5. ④のボウルに、①の豆、②と③の野菜を加えて、よく和えて完成。※ドレッシングが足りないときは、調整してください。
  6. ほど良い酸味が食欲をそそります。 モッツァレラやフェタチーズを入れても、美味しい。

90145216

オイルは、ファットリア・ラメリーノ社「プリムス」がオススメ。
豆料理には、トスカーナ産のピリッとしたオイルが非常に良く合います。
サラダのほど良い酸味に、プリムスのピリッとした青い辛さがクセになる美味しさです。

ONLINE STORE

ブドウとブルーチーズのサラダ

DSC03689

<材料>1人前

皮ごと食べられるブドウ
食べたいだけ
ブルーチーズ
適量
ルッコラやチコリなどお好みの野菜
食べたいだけ
オリーブオイル
適量
  1. ブドウを半分にカット。
  2. ルッコラ、チコリなどお好みの野菜は、一口大にちぎる。
  3. お皿に盛りつけ、小さめにカットしたブルーチーズをのせる。
  4. 仕上げにオリーブオイルをかけて、完成。

90145216

オイルは、ファットリア・ラメリーノ社の「グアダニョーロ プリムス」がオススメ。
ブルーチーズやルッコラなど、ピリッとクセのある食材には、少々青みの強いオイルが良く合います。旨味の相乗効果が生まれます。

ONLINE STORE

DSC09891

オイルは、フラントイオ エルメス社の「ニンファ」がオススメ。
ブルーチーズの強い味わいとブドウの爽やかさを、ニンファがうまく調和させてくれます。

ONLINE STORE

夏野菜のオーブン焼き

DSC03616

<材料>2人前

ズッキーニ
中サイズ1/2本
ナス
1本
パプリカ
1/2個
トマト
中玉1個
皮付きニンニク
1片
適量
あればドライオレガノ
適量
オリーブオイル
適量
  1. ニンニクを除く、すべての野菜を一口大にカットし、ボウルに入れる。
  2. ①のボウルに、皮付きニンニクを加え、塩、ドライオレガノ、たっぷり目のオリーブオイル振りかけて、よく和える。
  3. 耐熱皿に野菜をギュウギュウ&山盛りに詰めこむ。
  4. 200℃位に温めたオーブンで焼く。
  5. 山盛りだった野菜に火が入って、2/3位の量になれば出来上がり。
  6. 仕上げに再びオリーブオイルをかけると、なお美味しい。

83166295

オイルは、
マドンナ・デッロリーヴォ社「ラーロ」。
若草のような爽やかな香りと辛みがオーブン焼きの香ばしい味わいをより一層引き立ててくれます。

ONLINE STORE

修正済DULCIS

オイルは、
ファットリア ラメリーノ社「グアダニョーロ ドゥルチス」。
力強い青々しいと風味が、オーブン焼きにした野菜の甘みを引き立たせます。

ONLINE STORE

芽キャベツのサラダ

芽キャベツのインサラータ

<材料>1人前

芽キャベツ
食べたいだけ
オリーブオイル
適量
ワインビネガー
適量
ハチミツ
少々
ひとつまみ
  1. ボウルにオリーブオイル、ワインビネガー、ハチミツ少々、ひとつまみの塩を加えて、ドレッシングを作っておく。(オリーブオイル:ワインビネガー = 2:1が目安)
  2. 芽キャベツを一枚ずつはがして、塩を入れたお湯でさっと湯通ししたら、温かいままドレッシングとよく和えて完成。※普通のキャベツでも美味しく出来ます。

83166295

オイルは、マドンナ・デッロリーヴォ社「ラーロ」がオススメ。
ラーロのピリッとした味わいが、キャベツの甘みをより一層引き出します。

ONLINE STORE

DSC09891

オイルは、フラントイオ エルメス社の「ニンファ」がオススメ。
オイルのルッコラのような爽やかな青い香りとピリッとした辛みがビネガーの酸味と相まって、キャベツの甘みを引き立てます。

ONLINE STORE

生マッシュルームと生ハムのサラダ

DSC03593

<材料>1人前

新鮮な生マッシュルーム
食べたいだけ
生ハム
食べたいだけ
レモン果汁
適量
オリーブオイル
適量
塩・黒コショウ
お好みで
  1. 新鮮な生マッシュルームを薄くスライスする。
  2. 生ハムも適当な大きさにカットする。
  3. マッシュルームと生ハムをお皿に盛りつけて、その上からレモン果汁とオリーブオイルをかけて完成。塩と黒コショウはお好みで。

ヴィーナス

オイルは、
フラントイオ エルメス社「ヴィーナス」がオススメ。
オイルの清々しい青さとコクのある味わいが、マッシュルームと生ハムの旨味をより一層引き立てます。

ONLINE STORE